Instant Lab | Impossible Tokyo KK. Analog Instant Film and Cameras.

Instant Labについてのご質問

   

Q and A

よくあるご質問

INSTANT LABに関するよくあるご質問のページです。お問い合わせの多いご質問や使用方法、フィルムなどに関するよくあるご質問を掲載しています。

詳しい使い方はこちら

Q1.充電器をINSTANT LABに差しても動作しないのですが。

A

15分以上充電してからご使用ください。それでも動作しない場合はサポートセンターへお問合せください。

Q2.Impossible Appへアクセスし写真をセレクトしようとしたがAlbumが開きません。

A

iPhoneの設定を変更すれば解決します。iPhoneの設定画面から下記の通り設定をお願いします。
「設定」→「プライバシー」→「写真」→「Impossible Project App」をONにする

Q3.現像した写真に黒いラインが入るのですが。

A

INSTANT LABのタワーが緩んでいる可能性があります。タワーが完全に引き上げられているか確認してください。または、iPhoneのテザリング機能をご使用中の場合は、設定をOFFにしてからご利用ください。

Q4.現像した写真が白飛びしてしまうのですが。

A

Impossible App内のフィルム設定画面でms値の数字を低くするか、ご使用になるフィルムを低感度にすると比較的白飛びが軽減されます。

Q5.現像した写真に何も写っていないのですが。

A

INSTANT LABのタワー上部に配置イメージシートが乗ったままになっていませんか?
このシートはレンズ汚れ防止とiPhone配置位置のお知らせのためのシートですので、外してからご使用ください。

Q6.フィルムの排出が遅いのですが。

A

INSTANT LABの充電が減少している可能性があります。一度使用を止めて充電をお願いします。

Q7.INSTANT LABの充電中に赤いランプが点滅しつづける。

A

赤いランプの点滅はバッテリーの減少サインなので、充電中の点滅は故障の恐れがございます。
お手数ですがサポートセンターへお問い合わせください。
※ランプの点滅について
バッテリーの電力が一定のレベルまで減少すると、フィルムを排出しなくなります。
LEDライトが点滅しはじめたら充電の合図。点滅中もご使用を続けるとフィルム詰まりの原因となります。
フィルム詰まりを起こすとローラーの回転が悪くなり現像ムラが起きやすくなりますのでご注意ください。

Q8.ダークスライド(フィルムパックの一枚目の黒い遮光板)しかでてこない。

A

INSTANT LABの充電が弱まっている可能性があります。充電後ご使用ください。それでもフィルムがでてこない場合はINSTANT LABの故障またはフィルムの製造年月日が経過している可能性がありますので、サポートセンターへお問合せください。

Q9.写真の明暗の微調整が簡単にできる方法はないですか?

A

INSTANT LAB専用のIMPOSSIBLE Appがアップデートされ、ワンタッチで写真の明暗が微調整できるようになりました。操作は簡単。まずは今まで通りApp上で現像したい写真を選択後、使用フィルムを選択します。ここからが新機能。選択画面の状態で写真の明るさを適正にしたい部分を指でタッチすれば、タッチした部分に明暗が設定されるようになりました。タッチ後は右画像のように黄色い枠が表示され、画面下のms値が自動で調整されます。

モノクロフィルムで現像したら顔がつぶれてしまった、なんてことあったかと思います。これからは一番きれいに仕上げたい部分をタッチするだけで、よりイメージ通りの仕上がりが望めるはず。是非トライしてみてください。

明暗の微調整

Q10.現像後のフィルムをみたらイメージが逆さまになっていました。

A

iPhoneの設置の仕方を再確認してみてください。上下が逆になっていませんか?

Q11.カラーフィルムで現像したのですが仕上がりが赤いのが気になります。

A

カラーフィルムは高温にさらすと赤みを帯びやすくなるので、保管温度を5-10℃に保つようにしましょう。そして高感度フィルムよりも低感度フィルムのご使用をオススメします。

Q12.現像後の写真を飾っていたら変色しはじめました。

A

IMPOSSIBLE FILMは人工的に乾燥させることにより変色から像を守ります。
市販のジップロックと乾燥剤でも対処できますが、IMPOSSIBLE製のDry Age Kitのご利用をオススメします。

Q13.写真の仕上がりをもっと暗くしたいのですが。

A

Impossible Project App内のカスタム画面でms値の数字を低くしてください。

Q14.Impossible Project Appにある SCANNER機能 はどのように使ったらいいですか?

A

こちらの動画をご覧ください。

Q15.フラッシュが内蔵されていないiPod touchでもINSTANT LABは使えますか?

A

ご利用可能です。iPod touch4世代を使用する場合は、音量をあげてからのご使用をオススメします。
露光の合図を光ではなく電子音で合図する仕組みとなっているため、音が確認できる環境でご使用ください。

Q16.現像後にiPhoneの画面が暗くなるのはなぜですか?

A

iPhoneの明るさ設定を変更することで解決できます。
「設定」→「明るさ/壁紙」→「明るさの自動調節」をオフにする。

Q17.フィルムパックが破れてしまい現像液がローラーについてしまいました。

A

フィルム排出口を開いた状態でフィルム排出ボタンを強く押すと、ローラーが空回りします。回転しているローラーを濡れたティッシュなどで拭き取ると現像液がきれいにとれます。 尚、その際はティッシュがローラーに巻き込まれないようご注意下さい。故障の原因となります。 また濡れたままのローラーでご使用されると現像ムラが起きる場合がございますので、拭き取ったあとは乾いた布などで整えましょう。

Q18.カラーフィルムで現像したのですが仕上がりが青いのが気になります。

A

カラーフィルムは低温にさらすと青みを帯びやすくなるので、保管温度を5-10℃に保つようにしましょう。
また、現像中のフィルムを人肌程度の温度(ホッカイロなど)であたためると青みが軽減されます。 そして低感度フィルムよりも高感度フィルムのご使用をオススメします。

Q19.フィルムが詰まってしまってカメラから抜き取れません

A

無理に抜き取らずサポートにご連絡ください。staff@the-impossible-project.jp