ABOUT | Impossible Tokyo KK. Analog Instant Film and Cameras.

ABOUT IMPOSSIBLE

インポシブルについて

インポシブル東京について

  IMPOSSIBLE TOKYO

2008年よりウィーンを拠点にスタートしたIMPOSSIBLEの第三拠点IMPOSSIBLE TOKYOは、これまでに多種多彩なアーティストのコラボレーションを行い、写真展やイベントを開催。
製造が終了となったポラロイドフォーマットのインスタントフィルムを再生産し、その表現重視のアナログインテグラルフィルムが持つ可能性を日々研究・発表。
デジタル時代に逆流し、現実世界に生きる写真を残すため昼夜問わず活動中。

インポシブルフィルムについて

  IMPOSSIBLE FILM

INSTANT FILMとは1940年代に発表され、2008年になくなったフィルムです。IMPOSSIBLEはこのフィルムがあったということ、アナログ写真の文化やフィルムを作る技術がこの世からなくなってしまわないように、昔と同じオランダの工場でフィルムを作っています。このフィルムは従来のポラロイド社のフィルムとはまったく別のものです。化学反応から撮影結果まで、どれをとっても別のものです。同じものが作れない理由は材料がないからです。すべて新しいもので作っていますが原理は一緒。現像液と光の関係性、ただそれだけです。過去へのリスペクトをもっとうに、私たちは日々研究開発に挑み、新感覚のフィルムを世に発信しています。